お知らせ

ヴィンヤードを訪ねました:プレザンティール

information

2018.06.8

 

 

 Presentir プレザンティール: Present(今)+ sensing(感じる) の造語で、フランス語で「今を感じる」を意味します。
オーナーは大阪で歯科医をしていた村井敏人さん。「していた」と過去形で紹介しましたが、今年3月までは現役で、休診日に東御市鞍掛にあるヴィンヤードに通っていました。この4月に東御市に移住、晴れて専業農家となったのです。
自称“活字中毒”の村井さんは知識と好奇心にあふれ、興味を行動に移すアクティブな方です。

歯科医に飽きて「コーチング」学ぶ → 森林塾で森林と林業を学ぶ → ”ウスケボーイズ”を読んで農業に興味 → 大阪で収穫・ワイン造り体験 → 東御でワインぶどう栽培 → 委託醸造 <今ココ> → 120歳まで生きる予定

「より自然なブドウ作り、より自然なワイン造り」をめざしてワイン造りを極める!と顔と声は穏やかながら、力強く話されたのが印象的でした。

2016年にファースト・ヴィンテージ 2017年セカンド・ヴィンテージをリリースしました。
●Presentir Saaya Chardonnay
●Presentir Rio Pinot Noir

ぶどうに除草剤・殺虫剤・化学肥料を使わず、有機栽培で認められている石灰硫黄合剤のみ使い、アルカンヴィーニュで野生酵母を使って醸造してもらっています。

栽培の仲間を募集しているそうです。1日でなくてもいいので、「やってみたい」と思った時に連絡をしてください、とのことです。
また、苗木会員も募集しています(1口1万円)詳しくは下記ホームページをご覧ください。https://www.presentir2013.com/
Facebookは「夢のワイナリー造り」で検索してください。

「オープンで気軽に参加できる栽培・醸造」「ワインを好きな人がゆっくり過ごすヴィンヤード」をイメージしている村井さんの畑を一度訪れてみませんか?

こちらの畑はソーヴィニヨン、リースリング、ピノ・グリ、プティ・ヴェルドを植えたばかりです。

TOP