お知らせ

【ヴィンヤード訪問】Ro_vineyard アール・オー ヴィンヤード

information

2018.10.6

9月21日秋雨が降っていたため、畑ではなくアルカンヴィーニュにRo Vinehyardのオーナー前澤隆行さんを訪ねました。前澤さんは千曲川ワインアカデミー(アルカンビーニュ内)の一期生です。

ヴィンヤード名の“Ro”てなに? 最初に浮かんだ質問でした。
前澤さんいわく:

『“ro”ではじまる英単語を思い出してみてください。
road, roots, robot ・・・けっこういろいろあります。そんな言葉を繋げて「地域に根ざし、健全なブドウを栽培し、心躍るようなワインをつくる」という意味が込められています。他にもこのネーミングには秘密が隠されているんです。』

栽培品種は、2haの畑にピノ・グリ、ピノ・ノワール、リースリングなどが中心で、ワイン造りは「混醸」でスタートするそうです。先入観や理屈なしに美味しいワイン造りを目指し、みんなと楽しむというのがRo_vineyardワインのイメージです。
来年2019年がRo_vineyard としてのファーストヴィンテージとなります。リリースの知らせが楽しみですね。

前澤さんはマンガ「千曲川ワインバレー奇行」でも紹介されています。ご本人の人柄や奥様のこと、そしてヴィンヤードの仕事のことも紹介されています。また、収穫ボランティアの服装や方法などもわかる内容です。下記のリンクにアクセスしてみてください。

千曲川ワインバレー奇行 第8話「キャッチャー・イン・ザ・グレープ」

 

TOP