お知らせ

【ワイナリー情報】東御市に7番目のワイナリー誕生!

information

2018.10.17

2018年8月ワイナリー『ナゴミ・ヴィンヤーズ』が誕生しました。

東御市和(かのう)にちなんで「和」(なごみ)という字がワイナリー名に入っています。東御市への愛着が感じられます。

池さんは東京出身で、2010年から東御市で開墾、ワイン用ぶどうを植えはじめました。

年によって完成度が違うぶどうとしっかり向き合って、素材の特徴がしっかりと生きるワインづくりをされています。

収穫時期の8月末~9月いっぱい天候が不順で厳しい状況ながら、素材となるぶどうを最適のタイミングで収穫し、房を見て仕込みの方法を検討することは、自家ワイナリーだからできたこと。

「来年のリリースは、もちろん期待してください!」と池さんの自信の声がきけました。 ピノ・ノワール、シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン合せて約3000本を予定しています。楽しみに待ちたいと思います。

TOP