お知らせ

ヴィンヤードをたずねました:アトリエ・ドュ・ヴァン飯島明さん

topics

2018.04.5

「脳外科医が育てるワイン用ぶどう」
異色ですよね。ぜひ一度お会いしたいという思いをかなえるため、東御市新張のヴィンヤードに飯島先生(!)を訪ねました。おおらかで自然体、とてもオープンな人柄に「またすぐにお話ししたい」と思ってしまいました。

パリ留学時代に魅了されたワインですが、ソムリエの田崎真也さんの本にあった「人生楽しまなきゃ」の言葉に背中をおされて始めたのは、飲むことよりも育てることだったそうです。
月曜日~金曜日は脳外科医として都内総合病院に勤務、金曜日の夜、東御入りします。土曜・日曜とぶどう畑の仕事をして、日曜日に都内にもどるというハードな生活を送っています。それでも、ストレスの多い仕事をしている飯島さんにとって、ヴィンヤードの仕事と眼下に広がる景色は何よりの楽しみ。

現在栽培しているピノ・ノワールとメルローは今年初めて委託醸造、リリースは3年後の予定です。
お楽しみに!

TOP